Akihito Ikeda

2021年11月02日

posts/2021-11-01diary

シンプルな投票ができるスマートコントラクトを作ろうと思って参考になりそうな実装を読んだ。

前者はいくつかいる候補者に投票して最多得票の候補者が当選となるような方式。シンプルなコントラクトだけど、投票を委任できる機能があったりしておもしろい。 後者はもう少し発展して、「XXにいくらのETHを振り込む」みたいな提案にそれぞれ賛成/反対を投票して賛成多数なら提案が実行されるスマートコントラクト(いわゆるGrantDAO的なもの)。 どうやらこれは「The DAO事件」と関係あるものっぽい(実際に攻撃にあったものからはアップデートされている?)。 どちらも投票できるスマートコントラクトを作ろうと思った時にどういう機能やバリデーションが最低限必要なのか学べてよかった。

このあたりを読んだ上でじゃあ何を作ろうかなというと、「Quadratic Voting」を採用した投票システムとかおもしろそうだなぁと思っているところ。 上記の実装例に少し手を加える必要があってちょうど良さそうだし、自分やまわりでもQVでなんかやってみたい。ユースケースとかはまだなんも考えてなくてただのやってみたいベースだけど。

© Akihito Ikeda - Last update 03.12.2021 01:11.