Akihito Ikeda

2020年10月25日

posts/2020-10-25diary

日中はけっこう暖かかった。どこにも出かけず自宅で本を読んだり細々とした作業をしていた。『TAPL』と『見知らぬものと出会う』を読んだ。『TAPL』はだいたいイミフで、『見知らぬ〜』のほうは楽しく読んだ。最近はアンビエントミュージックをスマートスピーカーから流すのにハマっていて、とりあえずブラインアン・イーノを適当に流してる。その中で読書するのはかなり捗っていい感じ。環境音といえば、自宅の近くに学校があるので窓を開けてると近くの学生たちの往来でけっこう賑やかになる。最初は気になるかと思っていたけど意外と悪くなくて窓を閉めたりしないのは、たぶんそれが初々しい賑やかさだからだろうなと思ってる。これが大学生とか大人が発する賑やかさだったらやっぱり気になって窓は閉めちゃうような気がする。こう書くと少し気持ち悪い感じがするけど、別に話し声を盗み聞きしてるとかそういうわけではないのであしからず…。

夜はYの作業のついでに水路の様子を見にいった。同僚AIからもらったルアーを投げると立て続けにカマス(?)が2匹釣れた。すごいルアーだ。本格的に寒くなる前になんとか目的の魚を釣って釣り納めとしたいけど、これまでのことを考えると難しいだろうな…来年の春くらいまで持ち越しになっちゃうのかなあ。

© Akihito Ikeda - Last update 26.11.2020 00:01.